マジカルシェリーがくるくるになる理由を検証!お手入れ方法にも原因があった?

マジカルシェリーの画像

マジカルシェリーは加圧式骨盤ショーツ。

つまり、その効果の元となるのが適切な加圧をかける事です。

ですが、その加圧は時として厄介な現象を引き起こすことも知られています。

『くるくる』や『ウエストくるくる』と呼ばれる現象ですね!

⇒くるくるの詳細はこちら

もっともこれらの原因は、そのほとんどがサイズ選びに影響されています。

よって、正しいサイズ選びをしていれば、くるくるに悩まされることはありません。

ですが、実はそれ以外にも原因がある事がわかりました。

それは、間違ったお手入れ方法です。

詳しく解説していきますので、購入前にチェックしておいて下さいね!

洗濯方法を間違えるとくるくるになる!

マジカルシェリーは、ナイロン80%、ポリウレタン20%で出来ています。

ナイロンもポリウレタンも、素材としては非常に一般的な材料ですね。

身近なところでは、ストッキングとほとんど同じと考えても問題ありません。

取り扱いも簡単で、普通の洗濯物と一緒に洗濯機で洗う事が可能です。

ですが要注意!

洗濯ネットに入れずにそのまま洗ってしまったのでは生地を傷める原因になります。

裾のレース部分が他の洗濯物に絡まって伸びたりします。

すると、正しい加圧がかからなくなり、くるくるの原因となるのです。

また、お湯で洗う場合にも注意が必要です。

温度が高すぎると、生地が伸びてヨレヨレになってしまいます。

この場合もくるくるの原因となりますので、お湯を使う場合には40℃以下にして下さいね!

少しでも長く使いたい方は、

・ぬるま湯使用
・オシャレ着洗い用の洗剤使用
・手洗いをする

これらを心がけてみて下さい。

干し方を間違えるとくるくるになる!

洗濯の後の干し方でも、くるくるの原因は隠されています。

マジカルシェリーの素材に使われているナイロンは、熱に弱い素材として知られています。

ですが、取り扱いが簡単なことから、無頓着に扱われる場合が多くあります。

そんな理由から、洗濯が終わったら乾燥機に入れたくなるかもしれません。

それこそが生地を傷める大きな原因となります。

裾のレース部分に限らず、素材そのものに大きなダメージを与える事になりかねません。

乾燥機から出してみたら、裾がくるくるに丸まっている事も考えられます。

よって、絶対に乾燥機は使わないで下さい。

また、熱に弱い事を考えると、直射日光が当たる場所で干すことも避けた方が無難です。

室内干し、または陰干しするようにして下さい。

風通しの良い場所を選んで、早めに乾くようにすることもポイントですよ!

まとめ

マジカルシェリーがくるくるになる原因は、サイズ選び以外にも洗濯が影響する事がわかりました。

ですが、難しい事は何もありません。

普通に洗って、普通に干して大丈夫です。

熱に注意!

これだけは気にするようにして下さいね!

⇒キャンペーン開催中!公式サイトはこちらから!
↑クリックしても開かない時は、キャンペーンが終了しています↑